おうちで副業生活

在宅で出来る副業に挑戦中です!現在ストックフォトとアフリエイトに参加中で す。

Categories


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PIXTAの販売サイズ

PIXTAフォトライブラリーと違い販売価格を自分で設定することができません。⇒副業・副収入ランキング

Sサイズは525円、Mサイズ1575円、Lサイズ3150円、XLサイズ5250円と決まっています。しかし販売サイズを選ぶことができるので、ある程度自分の売りたい価格に近い金額を設定することができます。

PIXTAで常に販売枚数トップを誇る方は、販売サイズをLサイズからに設定されています。その方は人物がメインで、モデルを沢山使われることが多い上、小道具などの細かい部分にもこだわりを持って撮影されているようなので、かなりの経費がかかっているのではないかと思います。そのため、ある程度単価を上げないと赤字になってしまう可能性があるのではないのでしょうか。ただ、その方の写真はクオリティが高く、プロが登録するストックフォトサイトで販売されていてもおかしくないレベルなので、3150円でも安いと思います。

実際、Lサイズからの販売にされている方は、かなり稀で、クオリティが高く、類似写真があまりない人でないと厳しいかもしれません。

私は、PIXTAを始めた当時はSサイズからの販売にしていましたが、当時のロイヤリティ(昔のPIXTAは一律50%)でも、Sサイズだとある程度枚数が売れない限り赤字になることに気付き、Mサイズからの販売に変更しました。

サイズ変更した頃は、登録枚数もそれほどなく売上も微々たるものだったので、幸い売上金額も売上枚数も落ちることはありませんでした。
ただ他の方では、売上金額は上がったが売上枚数は減少したという方もいらっしゃるので、人それぞれで違うと思います。

Mサイズは、Sサイズの3倍の値段なので、1枚売れれば3枚売ったのと同じことになります。
でも類似写真がある場合は、やはり安いほうが売れると思うので、なかなか判断が難しいところです。
また最初の検索の段階で、Sサイズを販売していないことで、はじかれる場合もあると思うので、売れる機会は減るかもしれません。

私は、個人的にはMサイズからの販売に変更してよかったと思っています。
今からSサイズに変更しても、今の3倍の写真が売れるとは思えないので、結果的に売上は上がっているんじゃないかと思います。
スポンサーサイト





 | HOME | 



FC2Ad



↓ランキングに参加中です


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ



人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。